消費者金融 農業

農業従事者が消費者金融を利用する

MENU
RSS

農業従事者が消費者金融を利用する

農業従事者がお金を借りるとき、金利が安いのでJAや日本政策金融公庫など、総量規制対象外の借入れをする場合も多いようですが申込をして融資を受けるまでに時間がかかるのですぐに必要といったときはあまりメリットが有りません。

 

そんなときにキャッシングを利用するのもひとつの方法で、兼業農家でほかから収入を得ていれば何の問題もなくキャッシングできますが、農業だけで生計をたてている人でも消費者金融を利用することは可能ですが、農業に従事している事の証明できるかということと、収入が安定しているかどうかというところがポイントになります。

 

消費者金融でお金を借りるときは審査があり、担当者が自宅に電話を掛けますがそのとき、家族のだれかが電話に出て、本人が家にいることがわかれば在籍確認をしたことになりますがこれだけでは、実際に農業に従事していなくて無職でぶらぶらしていても、お金が借りられてしまうことになります。

 

通常の在籍確認は勤務先への電話だけで十分なのですが、このようなこともあるので農業従事者には在籍確認に代わるものとして確定申告書の写しの提出が求められます。
確定申告書には、事業内容や事業所の住所を書く欄があり、ここに事業内容として農業という記述があることや、自宅の住所が事業所になっていれば、在籍確認と就業実態の確認が出来できるので確定申告書が在籍確認の役割をしてくれますし、同時に年収も把握できるので農業従事者でも消費者金融での融資が可能かと思われます。

 

短期の借入れなら利子も少額になるので消費者金融をおすすめします。
また、おまとめ目的など金額が大きくなれば、総量規制対象外カードローンをおすすめします。
参考・・・総量規制対象外カードローンで今すぐお金を借りたいなら!

消費者金融で借りたお金を払わないとどうなる?

消費者金融や銀行カードローンでキャッシングを始めると翌月から返済が始まりますが、何らかの事情で返済日に返済ができないことを遅延や延滞と呼びますが、このような状態になったとき払わないとどうなるのでしょう。

 

遅延や延滞をおこしたときは、遅延損害金を求められることや信用情報の利用状況に遅延や延滞があったことが記載されるといった二つが挙げられます。

 

遅延損害金とは返済期日に返済がおこなわれなかったとき、契約違反として返済期日から実際に返済をした日までの金利が上乗せされ、遅延損害金は個人情報への悪影響を考えるとまだ影響は少ないと言えます。

 

個人情報の悪影響とは、審査をおこない利用者の信用をもとに融資限度額を決めてそれに応じたお金を貸していますが、キャッシング会社は決められた返済日に返済できなかったという契約違反に対しては非常に重要視します。
1度や2度の遅延は問題ありませんが、何度も続くと個人情報の利用履歴に遅延や延滞があったことが記載され、そのために融資限度額が引き下げられたり、信用度が下がりすぎると利用停止になったり、一括返済を求められることもあります。

 

また延滞が3カ月ほど続くと、キャッシング会社は法的手段をとり簡易裁判所から支払医督促状が届くようになりますがこれは最後の手段で、返済が遅れることや返済ができない理由があれば前もって電話を入れて担当者と相談することが重要で、これまでにそういった前例もあるので返済方法なども親身になって相談に乗ってくれます。

改正貸金業法 金利

バブル経済の崩壊以後、生活費の不足からキャッシングを利用される方が急増しました。
一方、キャッシングに関する様々な問題が、大きくクローズアップされるようになりました。
高い金利、多重債務者の問題は、大きな社会問題として取り上げられるようになったのです。
返済を苦にした自己破産者や自殺者まで現れるようになってしまったのです。

 

そこで検討されたのが、貸金業法の改正です。
闇金の取り締まり強化、金利の適正化、多重債務の制限を目的として、2006年から段階的に改正貸金業法が施行され、2010年に完全施行されました。
ここでは、その内容のうち、金利について説明しましょう。

 

金銭の貸し借りに関する金利は「利息制限法」と「出資法」の2つの法律で制限されています。
まず、以前の「利息制限法」では借入金額に応じて以下に上限金利が制限されていました。
・借入元金10万円未満の場合→年20.0%
・借入元金10万円以上100万円未満の場合→年18.0%
・借入元金100万円以上の場合→年15.0%

 

しかし、これまでの貸金業法では、登録を受けた「貸金業者」が次の条件を満たす場合には、利息制限法の上限金利を越えていても有効であると定めていました(これを「みなし弁済の規定」と」いいます)。
・債務者が、利息として金銭を任意に支払ったこと。
・貸主が、借主に対し、貸付けの契約締結後、遅滞なく、同法17条所定の事項を明記した書面(17条書面、いわゆる契約書)を交付したこと。
・貸主が、借主に対し、弁済の都度、直ちに、同法18条所定の事項を記載した受取証書(18条書面、いわゆる受領書)を交付したこと。
・出資法に違反しないこと。

 

次に「出資法」の規定では、金銭の貸付に関する条件金利は、年29.2%に制限をかけていました。
これに違反する場合には、「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金又は併科」という具体的な罰則規定も設けられていました。

 

「利息制限法」の「みなし弁済」の規定のより、事実上出資法以下の金利であれば法律に違反しない、という金利形態がまかり通っていたことになります。
この「出資法以下、利息制限法以内」の金利のことを「グレーゾーン金利」といいます。

 

この状況に対して、最高裁判所が、次々に「違法」の判断を示していきます。
2つの金利制限の法律が存在すること自体が問題となっていきました。
その結果、法律の改正が行われることになります。
その内容は以下の通りです。

 

・「みなし弁済」の廃止(2009年12月19日)
・出資法の上限金利の改定→年20.0%(2010年6月8日)

 

これにより、「グレーゾーン金利」が撤廃され、現在の金銭に関する金利は「利息制限法」の範囲内と定められています。

 

○過払い金返還請求

 

「グレーゾーン金利」の撤廃により、これまで利息を払い過ぎていたキャッシング利用者の問題が浮上してきました。
多くの利用者は、払いすぎた利息の返還をキャッシング会社側に求める事態となったのです。
あわせてマスコミが大々的に報道し、弁護士や司法書士などの業界も、利用者側に返還を求めるような広告・宣伝を行うようになりました。
これが「過払い金請求問題」で、全国で訴訟が行われるようになったのです。

 

裁判で敗れたキャッシング会社は、これまでに取り過ぎていた利息の返還を迫られることになります。
これは想像もしない大きな費用負担として、会社側に大ダメージを与えました。
大手消費者金融会社「武富士」に代表されるような、大型倒産も相次いで起こるようになりました。

 

現在、返還請求に応じた体力を残すことのできたキャッシング会社が、利息制限法範囲内での営業を行っています。
利用者の獲得競争の激しさから、低金利化も進んでおり、わたしたち利用者にとっては安心してキャッシングを利用できるようになっています。